マクロビオティック・栄養学・マッサージ・ライフスタイル・エコ・ヒーリング etc... おいしい情報をシェアしております。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by YASUKO OJIMA
 
[スポンサー広告
伊太利亜 マクロ
マクロ昼
Photo: Macro Lunch in Rome

**************************** 
チャクラ・アロマエッセンシャルオイル・マクロビオティック
上記クラス募集中です。
【日程】 10月10日(土)
詳しくはこちらをクリックして下さいね。

続いて・・・
秋の味覚♪ゴハン も募集中です。

10月17日(土)11:30~14:00
10月31日(土)11:30~14:00 
10月31日(土)17:00~19:30
詳しくはこちらをクリックして下さいね。

****************************



台風がすごいですね。
皆さん怪我などしないよう、気をつけて下さいね。


さて、ローマ3日目です。

この日、またしてもトマソ君よりローマ市内案内のオファーを頂き、案内をしてもらうことに・・・。


行き先は・・・

サン・ピエトロ・イン・ビンコリ教会→ コロッセオ→ コンスタンティヌス帝の凱旋門→ ローマ遺跡エリア→ 市庁舎エリア→ アルジェンティーナの遺跡→ マクロランチ→ ボルゲーゼ美術館→ スペイン広場





サン・ピエトロ・イン・ビンコリ教会 にはまたしてもミケランジェロの有名な彫刻、モーゲ像があります。 

今まで彫刻に興味をもったことはなかったのですが、歴史や背景の解説を聞きながら彫刻を見ると、味わい深くて楽しいということに気がつきました。


下の写真はあの有名なコロッセオです。

テレビ、映画、写真では何度もみたことがありますが、本物はやはり違いますね。

グラディエーターファンにはたまらなく嬉しい場所かと思われますが、如何でしょう~(私は違いますが)


korottseo.jpg


古代ローマ遺跡が残る街を見学し、午前の観光は終了。


図書館


この日のランチは、出発前からチェックしていたマクロのレストランへ行ってきました。


毎日、オリーブオイルに当たっていた母に提案したところ、母も珍しく乗り気。
そろそろ玄米も食べたいし、お野菜もろくに食べてないし・・・ということで、3人で市内にある Centro Macrobiotico Italiano Naturist Club へ。


な、なんと・・・

残念なことに、玄米ゴハンがない><。

そして、お味噌汁なんかもない><。


主食は米粉とクスクスをピーマンに入れてグリルさせたもの。


それに
・豆腐キッシュ
・豆腐?マヨネーズで和えたゴロゴロ野菜のサラダ
・緑の葉(名前忘れた)のおひたし。
・豆腐のパイ?


私が想像していたマクロとは全然違いちょっぴり残念。でも、どれもそれなりにおいしく、Tomassoも母もおいしい♪といってくれたので、良かったです。


誣いて言えばオイルの量を減らして頂けると嬉しいです。




オイルを避けたかったのですが、どの料理にもオリーブオイルが使われ、私が普段知っているマクロビオティックとはかけ離れていました。
やはりイタリアではイタリア バージョンのイタリア人好みのマクロが作られているのでしょうね。



実はTomassoもベジタリアンですが、ローマで外食すると胃にもたれることが多いので、出来るだけ家でご飯を食べるようにしている。と語っていました。
彼の話によるとローマの食事と言うのはイタリア全域でみても、ヘビーな方なんだそうです。



店内入口にはオランダのクシインスティチュートの宣伝が貼られており、

オッこんなところにも知っている名が・・・



店内も雰囲気がよく、ランチタイムは非常に混み合っていました。

イタリアでもマクロの需要がこんなに高いとは、嬉しいことです!


おやつも是非トライしたかったのですが、興奮気味で?注文しすぎてしまい、そんな余裕はどこにもなくなってしまいました。

makro.jpg


そして午後は予約をしないと入れないという、ボルゲーゼ美術館へ。


こちらもTomassoが手配をしてくれて大助かり!どうもありがとう!


ボルゲーゼ公園という広大な敷地内に美術館があります。
その昔、この公園はボルゲーゼさんの庭で、美術館はボルゲーゼ邸だったそうです。自然に囲まれ、ローマ市内の雰囲気とはまた一味違った、静かで素敵な美術館です。


この中にはベルニーニによって作成された有名彫刻が・・・。

Tomassoの説明を受け、そのディテールを見ていくと彫刻に入り込んでいく自分がいました。



そんな中、母はあまりアートに興味がないらしく、見学するのが早い、早い。

私が半分も見終わっていない時点で、母は全ての部屋を見尽くした!と報告に来ました^^;



『ちょっと、早いんですけど~。』



Tomassoからの説明を通訳しましたが、それでも興味薄。


全てを見終えてしまった母、最後は椅子に座って待っていてくれました。

オチャメです^^





ローマではTomassoのお陰でとても充実した観光ができました。


自分たちだけでは絶対に行かなかった(行けなかった)ところへ案内をして頂き、本当にラッキー。


母が、来日した際には天麩羅そばを食べに連れていくわね。
と約束をしていました。


なぜ天麩羅そば? と聞くと 


トマソは天麩羅とそばが好きなんですって♪ と母


あっ、まとめちゃったのね~ (私)


Thank you very much Tomasso!!


次回からはスペイン編です。

スポンサーサイト
Posted by YASUKO OJIMA
comment:4   trackback:0
[Italy
ローマ 2日目

Spain Steps
Photo: Spain Steps in Rome

**************************** 
チャクラ・アロマエッセンシャルオイル・マクロビオティック
上記クラス募集中です。
【日程】 10月10日(土)
詳しくはこちらをクリックして下さいね。

続いて・・・
秋の味覚♪ゴハン も募集中です。

10月17日(土)11:30~14:00
10月31日(土)11:30~14:00 
10月31日(土)17:00~19:30
詳しくはこちらをクリックして下さいね。

****************************




そして2日目。

内容が濃いです。


ゆっくりと朝食をとり、昨日行けなかったバチカン サンピエトロ大聖堂へ。



まずは広場と柱廊.を抜けていくのですが、その広場の美しいこと。


信仰心はないのですが、その規模と美しさには圧倒されるものがあります。



St peter
Photo:Saint Peter in Rome


そして屋上に上るために、エレベーターで途中まで昇り、その後は550段?といわれる細く狭く暗い階段を数十分かけて上りました。


上がりきってしまうと、そこに待っているのは、永遠の都-ローマの町並み。

St の中  大理石




教会内には有名建築者(ミケランジェロやベルニーニ etc...)たちの彫刻・建築物がたくさん残されていて、これまた素晴らしい。

 

Tomassoの話によると、ミケランジェロはもっと建築の方に没頭したかったとか・・・。しかし、Pope(当時のローマ法王)の命令により、たくさんの芸術作品/絵画や彫刻に時間を費やさなくてはいけなかった為、ローマには彼の多くの絵画・彫刻作品が残っています。

 

大聖堂・広場をしっかり見学し、またしても腹ペコな私たち。


ランチができそうなお店を探しつつブラブラ裏道を歩いていると、お店のオーナーらしき人より勧誘。

勧誘する店なんて!とおじさんを横目に無視して行こうとすると

『Are you Japanese??? 』 と問いかけが・・・


『Yes』 と返答すると・・・


『ちょっと待って・・・』 と言うと、何かをゴソゴソ探し出し、大きめな色紙を見せてくれたおじさん。


そこには

英語、中国語、そして日本語で


『絶品 海鮮パスタあります。』 


思わずふき出してしまいました。

(ぜっ絶品って・・・笑)

それを見た母は、絶品海鮮パスタ 食べたい!とアッサリおっちゃんの勧誘に負けてしまい(←おっちゃんの思うツボなんですけど・・^^;) 、その日のランチはそのお店に決定。


母は希望通り 絶品海鮮パスタを注文。

そして私は きのこパスタ。


おじさんの言葉に偽りはなく、海鮮パスタは本当に絶品でした!

海鮮




そして私のきのこパスタは・・・

残念ながら少々クリーミーで、期待していた和風きのこパスタとは違いました。(当然!?) 




すっかりお腹がいっぱいになった私たちは、あの有名なトレビの泉を見に行くことに・・・

泉へ向かって歩いて行くと・・・日本人の団体ツアー客、他国のツアー客そして個人旅行の人たち?

とにかくものすごい、ヒト、ヒト、ヒト。

お天気に恵まれていたせいもあり、ものすごい混み様。

 

あの~泉が見えないんですけど~。

写真を撮りたくても、そこら中に人がいるので、知らない皆さまと隣りあわせで

『ハイ、チーズ^^;』


日本人のツアーガイドさんもトレビの泉に着く手前辺りで、『あちらはすごい人ごみですので、泉に投げるコインの用意は今ココでして下さい』と伝えていらっしゃいました。

なるほどね。

これでは、スリにあってもおかしくない・・・。


少々、残念と思いつつ、次回に期待し、ちゃんとコインを投げてきました♪


その後は

パンテオン→ ナボーナ広場→ サンタンドレア・デッラ・バッレ教会→ サンタンジェロ橋→ サンタンジェロ城

城 




あ~、またたくさん歩いてしまった。

こうして2日目もヘトヘトになったのでした。



↓サンタンジェロ城から見た夕焼けです。見えている建物が同日昼間に登った サンピエトロ大聖堂。

ね、ローマに行きたくなったでしょ~!?

ro-ma 夕クレ

Photo: From Saint Angelo Castle in Rome






Posted by YASUKO OJIMA
comment:6   trackback:0
[Italy
ローマ 1日目        
Vatican M
Photo: At Vaticano Museum


**************************** 
チャクラ・アロマエッセンシャルオイル・マクロビオティック
上記クラス募集中です。
【日程】 10月10日(土)
詳しくはこちらをクリックして下さいね。

続いて・・・
秋の味覚♪ゴハン も募集中です。

10月17日(土)11:30~14:00
10月31日(土)11:30~14:00 
10月31日(土)17:00~19:30
詳しくはこちらをクリックして下さいね。

****************************



イタリア・スペイン旅行の続きです。


まず一日目。(Rome)

バチカンへ行きました。

朝一で並ばないと3~4時間待ちになると聞いていたため、宿を8時前に出発。


着いた時にはすでに長蛇の列^^; 

しかしラッキーなことに30分程度待たされたのち、問題なく館内へ。


軽く一日が潰れてしまうという、美術館。


入ったときには、気合満々でしたが数時間後には既に限界・・・・。


とにかく内容が濃いのです。

(上の写真にあるような回廊がずーッと、ずーっとあるのですから、ただ素通りしたとしても数時間は掛かります。)


まだまだ観光は始まったばかり!
次!と意気込む私でしたが・・・

San Pietro (サン ピエトロ大聖堂)に行きたく、通路を見つけるために同じところをグルグルと3~4回歩き回り、そしてやっとこの美術館と大聖堂は繋がってないと気がつく・・・・

(英語で聞いたのだけど、ちゃんと説明してくれないので、訳がわからず・・・)


大切な体力をこうして消耗。 (ごめんよ、母)

お陰ですっかり疲れてしまい、お昼過ぎにはソソクサと外へ・・・



この日はなんとイタリア人のお友達Tomasso/トマソ 君 にローマ市内を案内していただけることに。

イタリアに友達いたの? 

とお思いでしょう~

居ませんでした。

ローマに着いた夜、空港から街へ向かう途中の電車の中で知り合った、とても真面目な青年です。

今年の1月から日本語を勉強し、10月からは四国遍路を行うそうです。


彼にとっても日本語の勉強になるし・・・ということで、ローマの観光案内を自ら買ってでてくれたのです。

(最初母は疑っていましたが、最後にはこんなに良いイタリア人もいるのね・・・と呟いていました。苦笑)



待ち合わせのポポロ広場へ行き、会った早々に腹ごしらえ。


私はトマトとバジルだけのスパゲッティーを注文。

とてもシンプルですが、パスタの湯で加減、ソースの味付け、やはり本場は違います。


母はトマトとベーコンソースのパスタ(マカロニのすごく大きいバージョンのパスタでした)

7ユーロくらいでしたが、量がとても多く、かなり満たされた私たち・・・。


TT9.jpg
Photo: Tomasso and Tomato Pasta


そしてその後は・・・

ポポロ広場 → スペイン広場 →トリニタ・デイ・モンティ教会 → ○○教会 → ×× → ジェラート (地図をみたけど、名前がなく、あまりにもたくさん歩いたので、どこにいったかも不明・・・^^;)

Tomasso との観光は半日でしたが、歩き廻ったため、母も私もゲソッ。

相当疲れました・・・



この日の夜、本場のピザを注文しましたが、お昼のパスタの量があまりにも多かった為、あまり食べられず><


母は母で、料理に使われている大量のオリーブオイルがカラダに合わないらしく、体調↓。


こうして、忙しい第1日目が過ぎていったのでした~。


Posted by YASUKO OJIMA
comment:0   trackback:0
[Italy
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。