マクロビオティック・栄養学・マッサージ・ライフスタイル・エコ・ヒーリング etc... おいしい情報をシェアしております。
3月3日
sakura mochi
Photo:Sakura Mochi

******************************************

春のゴハン  募集中です♪

3月13日(土) 11:30~14:30 ←間もなく満席です
3月20日(土) 11:30~14:30
3月27日(土) 11:30~14:30
3月27日(土) 17:00~20:00


メニュー、詳細等はこちらをクリックして下さいね♪


*******************************************


ふふふっ。

お裾わけしてもらいました。

3月3日ですものね。


お弁当もちらし寿司にすれば良かったです。

寿司飯がおいしくて食が進んでしまうのが、困りものなのですが・・・




筋肉痛とカラダの痛みはすっかりとれました♪


運動後は筋肉に乳酸が溜まり、その乳酸が筋肉に残ることによって、筋肉痛がおこります。


この乳酸を分散するのに効果的と言われている物質が クエン酸です。


いくつもあるアミノ酸のうちの1つなのですが、このクエン酸は梅干しに多く含まれています。



その為、マラソン後の食事には普段より少し多めに梅酢を使ってお料理をしました。


マラソン前には梅干しをちょっと食べ、マラソン中には梅紫蘇ジュースを飲み・・・・と
(これらはまた別の意味があって食べたり、飲んだりしたのですが、こちらの説明はまた後日。)


マクロはつねに活躍!



お陰ですっかり元気です!







スポンサーサイト
Posted by YASUKO OJIMA
comment:0   trackback:0
[NUTRITION
PUMPKIN

20071209203838.jpg   P1010607.jpg
Nao chan & Yuki chan


Pumpkin2.jpg   Pumpkin1.jpg
Kei kun & Chris


KIに居たのは9月初旬から10月初旬にかけてだった為、どこに行ってもHolloween Pumpkinが飾られたり、売られたりしていました。


さて、本日は私の大好きな南瓜に含まれている栄養分ベータカロチンBeta Caroten についてのお話です。



先日MIXIで南瓜話をし、ベータカロチンについて書くことを約束したので、こちらにて記載します。


まず南瓜にはベータカロチン、ビタミンA、C、カルシウム、繊維、鉄分が多く含まれています。

その中のベータカロチンには抗酸化作用という重要な働きがあるのです。



私たちの体内では常に活性酸素という毒性のある物質が生まれています。

この活性酸素はDNA細胞を傷つけガンを発生させ、免疫機能を担当する細胞を攻撃するので、免疫力が低下し風邪をひきやすい体質になります。

その上、細胞のDNAが傷つくと老化を早めるので、実際年齢よりも早く老けるといった事態もおこるのです。

ストレス、紫外線、スポーツ、喫煙、アルコールなども活性酸素を大量に発生させます。



そこで抗酸化物質になる役割を果たしてくれるのが、ベータカロチンです。

ビタミンの中ではビタミンA、C、E、それに葉酸やベータカロチンがこの抗酸化物質になりますが、この中でもとくにベータカロチンの抗酸化作用が強いのです。


ベータカロチンは体内に吸収されると必要量だけビタミンAに変換されます。

ビタミンAには胃腸や気管支などの粘膜を正常に保ち、健康な皮膚を作る役割があります。

またビタミンAには活性酸素や過酸化脂質を除去して、細胞を活性化する作用があり、ガンや老化防止に効果があります。


と言うわけで、今の時期は重要なビタミン、ミネラルになりますね。

しかし食べ過ぎるとカロチノイドという物質により、体が黄色くなるので気をつけて!


ストレス、紫外線、スポーツ、喫煙、アルコール、その他の症状に心当たりのある皆さまにはベータカロチンお勧めします。




 

Posted by YASUKO OJIMA
comment:0   trackback:0
[NUTRITION
Nutritionist


Photo: Macrobiotic restaurant in NY


こんばんは。まずは訂正から・・・。


昨日のブログにて紹介したカトリーナですが、彼女が勉強しているのはChiropracticカイロプラクティックで針ではありませんでした。(針は違う友人のはなし)


さて本日は、私が1番力を入れて勉強してきた栄養学について・・・。


日本で栄養学というと、その後栄養士になり、病院で働いたり、給食の先生になるようなイメージがありますが、私が勉強してきた栄養学は少々違います。


私の持っている資格はNutritionist(いわゆる栄養士)ですが、1対1でコンサルテーションを行い、クライアントの病状、悩みを聞き、それらに対しどのような食生活、それに栄養が必要であるかをアドバイスするものです。もちろん食生活、栄養面だけではなく、生活全体の話を聞きアドバイスをしたりします。


最初は食生活、栄養を変えるだけでは足りないことも多々あるので、そんな時はブッシュフラワーエッセンス、マッサージそれに忘れてはならないホメオパシーをお薦めしたりすることもあります。


なぜ、私が健康にこだわるのか!ですが、健康でないと幸せになれない(なりにくい)のです。


 


私は十二指腸潰瘍で長年苦しんできましたが(最近また苦しみましたが、今度こそ克服!)、やはりカラダのどこかが痛かったりすると、つねに辛いのです。


楽しいこと、ポジティブに物事を考える力がなくなってくるのです。


 


口から入るもので、私たちのカラダは出来上がっています。


自分を大切にする為に、1番大切なことだと思っています。


私もまだ見習いなので、偉そうなことは言えませんが、カラダが喜ぶものを食べましょう。


 


食事した後に気分が悪い!なんてことないように。カラダの訴えをよ~く聞いてみてくださいね。なにか聞こえるかもしれませんよ!?


 

Posted by YASUKO OJIMA
comment:0   trackback:0
[NUTRITION
ビール

20070803180651.jpg
Photo:German Beer


長かった梅雨も明けいよいよビールの季節となりました!


しかしここ最近は体調のことを考慮し、大分控えております。


 


アルコールをやめて嬉しいことと言えば、


体重が落ちますね。


全てのお酒に共通しますが、お酒は糖質成分(炭水化物)が高いためカロリーもその分高いのです。


それと同時に気をつけなくてはならないのが、おつまみ。


お酒を摂取することにより、カラダに必要な炭水化物はすでに取られているのです。


そこへさらに炭水化物(パスタ、パン、ご飯やイモ類などなど)を食べると、余分な炭水化物とみなされカラダに蓄積されていきます。


炭水化物は、熱や力(エネルギー)になる働きがあるため、運動前や直後には最適です。


しかし、カラダに必要のない炭水化物は、ただの脂肪となり蓄積されるのです。


 


これはあくまでもお酒がだーいすき!と言う方へのちょっとしたアドバイスです。


(もちろん、妊娠中、授乳中それに体調不良な方々への飲酒はお勧めできません。)


 


適度な量で、楽しめるおいしいお酒を飲みましょう。 

Posted by YASUKO OJIMA
comment:0   trackback:0
[NUTRITION
True Food

20070726000256.jpg                      Photo: True Food Guide Book


最近、加工食品の怖いNewsが多いですね。


中国のダンボール入り肉まん(捏造とのことですが、本当はどうだか・・・)やMeat Hope(だいたい名前が悪い!)


4月に開催されたアースデーに行った際に、クイズに答えてこの冊子を頂きました。


表紙に書かれているとおり、安心な商品・メーカーリストが掲載されています。


豆好きの私には、遺伝子組み換え食品は大敵です。


遺伝子組み換え食品がどのような影響を及ぼすかご存知ですか?


 


まず、環境を脅かします。


遺伝子が組みかえられた植物、動物、そして微生物は、これまで地球上に存在しなかった人工的な生命として自然界に放たれます。いっさん放たれたその遺伝子は、もともと自然界に存在していた種と交配し、無制限に増殖し、生態系のバランスを崩します。


私たちの健康を脅かします。


遺伝子組み換え食品にはこれまでになかった毒素やたんぱく質が含まれており、それによってアレルギーを引き起こす恐れがあります。また、除草剤に強いいでんしが組み込まれている場合には、大量に使用された除草剤が作物に残留し、私たちの体に取り込まれてしまいます。


納豆、豆腐、とうもろこしを使用した食品・・・その他もろもろはこの冊子をみてお買い物しています。


True Guide Foodの詳しい情報はこちらのLINKでご覧になれます。 


 


知らず知らずで恐ろしいものを口にしていませんか?


 

Posted by YASUKO OJIMA
comment:0   trackback:0
[NUTRITION
| HOME |