FC2ブログ
マクロビオティック・栄養学・マッサージ・ライフスタイル・エコ・ヒーリング etc... おいしい情報をシェアしております。
09/04のツイートまとめ
strawberryas

RT @yumurasc: #イベント ロングセラー絵本あかちゃんあそびえほんでおなじみの『ピイちゃん』が柳正堂書店にやってくる!アイらしいピイちゃんにぜひご家族皆で会いに来て下さい!日時:10月20日(土)10月21日(日)13時~13時30分と15時~15時30分…
09-04 13:22

スポンサーサイト



Posted by YASUKO OJIMA
comment:0   trackback:0
[未分類
テンペ作りワークショップ in シドニー






テンペ作りのワークショップ/ tempeh workshop in North Ryde

予定していた3回は全て終了しました。このクラスのために、4時間かけて車を飛ばしてくださった方もいらっしゃいます。
今回も素敵なご縁に恵まれました。
ご参加いただきました皆さまには心より感謝です。どうもありがとうございました!

ご好評につき、来週再び開催が決定しました。

クラスの詳細は以下の通りです。
【Date・Time】2/28(木). 10:30〜13:30
【Fee】$80 (テキスト、ランチ、テンペ菌、税含む)
【Venue】お申し込み後、ご案内申し上げます。
お申込みはこちらに直接メールをいただくか、HPより。https://www.mirai-kitchen.com

家製テンペ作り in Sydney???
オーガニック大豆を使った自家製テンペを作りのクッキングクラスを開催します。
テンペとはインドネシア発祥の伝統的な発酵食品。インドネシアでは400年以上前から食べられていたとされており、近年では肉の代用品としてベジタリアンやビーガンの人に人気です。発酵食品であるテンペは栄養吸収率が高く、ビタミンB群、必須アミノ酸、食物繊維、ミネラルなどが豊富に含まれ、塩分やコレステロールはゼロ。スーパーフードとして世界中で注目されています。そんなスーパーフードのテンペを自宅でも作れるよう、テンペのノウハウをお伝えします!クラスでは自家製テンペを使ったランチも合わせてご紹介。肉食女子、テンペ嫌い…そんな方々にもご満足頂けるメニューをご用意してお待ちしています。
テンペ菌(5G)のお土産付き。

【Demonstration】
・有機大豆を煮てテンペを仕込む(デモンストレーション)
・テンペについての話(栄養、特徴、バリエーション、レシピのご紹介)

【Menu】
・テンペのミートもどきソース ・アランチーニ (テンペ入り)
・季節野菜を使った冷製のスープ ・サラダ・マクロビのデザート
※材料の仕入れによりメニューは多少変更する場合がございます。

Website:
https://www.mirai-kitchen.com/single-post/2019/02/01/自家製テンペ作り-in-Sydney


Posted by YASUKO OJIMA
comment:0   trackback:0
[DIARY
MACROBIOTIC COOKING / 自家製テンペ作り in Sydney
IMG_1732.jpg
Photo: Tempeh cooking class at Kushi Institute

MACROBIOTIC COOKING / 自家製テンペ作り in Sydney
.
オーガニック大豆を使った自家製テンペを作りのクッキングクラスを開催します。

テンペとはインドネシア発祥の伝統的な発酵食品。インドネシアでは400年以上前から食べられていたとされており、近年では肉の代用品としてベジタリアンやビーガンの人に人気です。

発酵食品であるテンペは栄養吸収率が高く、ビタミンB群、必須アミノ酸、食物繊維、ミネラルなどが豊富に含まれ、塩分やコレステロールはゼロ。スーパーフードとして世界中で注目されています。
そんなスーパーフードのテンペを自宅でも作れるよう、テンペのノウハウをお伝えします!クラスでは自家製テンペを使ったランチも合わせてご紹介。
肉食女子、テンペ嫌い…そんな方々にもご満足頂けるメニューをご用意してお待ちしています。テンペ菌(5G)のお土産付き。

【Demonstration】
・有機大豆を煮てテンペを仕込む(デモンストレーション)
・テンペについての話(栄養、特徴、バリエーション、レシピのご紹介)

【Menu】
・テンペのミートもどきソース ・アランチーニ (テンペ入り)
・季節野菜を使った冷製のスープ ・サラダ・マクロビのデザート
※材料の仕入れによりメニューは多少変更する場合がございます。

【Date・Time】2/6(水)、2/10(日) 、2/21(金) 10:30〜13:30

【Fee】$80 (テキスト、ランチ、テンペ菌、税含む)

【Venue】お申し込み後、ご案内申し上げます。

講師 小島 也主子(Yasuko OJIMA)
マクロビオティック料理教室『未来キッチン~A way of life~』を主宰。
http://www.mirai-kitchen.com

シドニー ネイチャーケアカレッジ卒業(栄養学・マッサージ)
アメリカ、オランダ、日本、ベルギーと様々な国のKushi Instituteにてマクロビオティックを学ぶ。 国内外にて、マクロビオティック講師やプライベートシェフを行う傍ら、ベルギーに通いマクロビオティック哲学の勉強中。
お申し込みは ・クラス名(ご希望日時)・お名前・携帯番号をご記入の上、
こちらまで。at.mirai.kitchen@gmail.com

Posted by YASUKO OJIMA
comment:0   trackback:0
[Macro Cooking Class
お味噌汁






Posted by YASUKO OJIMA
comment:0   trackback:0
[DIARY
気づき
<html><head><meta http-equiv="content-type" content="text/html; charset=utf-8"></head>






普段の生活の中にたくさんのメッセージがあります。


その気づきを受け取る、受け取らない、受け取れる状態であるか、はたまた今の自分は到底そんな状態ではないのか


各自それぞれ。




今日はふッとしたメッセージがあったので、それについて、備忘録も兼ねて。




成田から福岡に行くため、電車に乗ろうと思いきや、改札まできたら、スイカが見つからず… 


よくあるパターンです。


そして、モタモタしていたら、乗りたかった電車一本を見逃してし(これはよくは起こらないパターン)




過去、飛行機乗り遅れ3回あり、を経験済み。一瞬、焦りました。


しかし、私にも多少の学びがあり、ここ数年は少し早め運動を志し、空港には早めの到着を目指していたため、次の電車でもまあまあそこまで危ない時間でないことを確認。ちょっと安心して次の各駅電車に乗車したのでした。




電車に乗って座ると同時に聞こえた会話は、『すみません、ここは◯◯駅ですか?」と制服と制帽でランドセルを背負った小学校低学年ぐらいの男の子。


私と同時に乗車した女性たちが、『うん、そうよ」と返事すると、、同時に男の子はドアに向かってダッシュ。


しかし、時すでに遅し。ドアはガッチリしまり、男の子は両手でドアをこじ開ける体制に。(絶対開かないと知ってるドアに向かって、あのポーズわざとやっているのかと思い一瞬笑えたのですが


周辺の大人たちみんなが男の子を注目してると、「あー、降りたかったのに」とひっそり泣き出す男の子。(ココで、アッ!真剣だったのね!と気づく私)




これが大人なら、ただのあるあるなのですが、少年にとっては大事件だったのでしょう。


残酷にも電車は動き、ドンドン先を進みだし、男の子の顔は涙、涙。




私を含め、あ、どーしょう。とオロオロ顔な大人たち。


大丈夫だよ!と慰めようかな?どーしょうかな?と迷っていると、ドア側に座っていた女性がスッと席を立ち「大丈夫だよ、次で降りたらいいよ。こっちに座りな」と言ってか言葉をかけ、自分の席に座るように促したのでした。




ショックが大きかったのか、泣き止まず「降りたかった」を訴える男の子


すると、その女性は、「大丈夫。一緒に次で降りて、さっきの駅に行こうね」と慰め、なんとも心優しいオファー。




そして、次の駅に着くと、2人で降りて、階段の方へ歩き出したのでした。




私自身、一本乗り遅れていた為、そこまでやってあげられなかったことを考えると、あの優しい女性が声を掛けてあげて、ホントに良かった。お姉さんありがとう!




って、これが今日の気づきではありません




その男の子は座席に座ると、前の座席に座る私をなぜか凝視(笑)ニコリと大丈夫だよ!と笑顔で返してみたが、もちろん無視(笑)




目があったついでに、フッと、この子からの学びは?と内観してみたのでした。


そこで、出てきたのは適応能力。


以前、マクロビオティックとは、いかに適応できるか!です。とおっしゃる先生がいらっしゃっいました。確かにそれもありますね~




<p style="margin: 0px; font-s...
Posted by YASUKO OJIMA
comment:0   trackback:0
[DIARY
Kushi_macrobiotic_schoolにて






Posted by YASUKO OJIMA
comment:0   trackback:0
[DIARY
パスタソース





Photo:meat free sauce ? pastA

オートミールをお肉にみたてて作りました。
お肉好きさんにも満足いただける一品。

トマト缶、ごぼう、人参、玉ねぎ、セロリ、お野菜たっぷり。
トマトが入るときはお味噌を隠し味に入れると美味ですよ。

ソースはおかわりして、完食~




Posted by YASUKO OJIMA
comment:0   trackback:0
[DIARY
ヨガクラス 続き





Photo:macrobiotic meal

ヨガはたっぷり体を動かし、終盤にはペアワーク。

自分の呼吸に合わせ、身体を動かしますが、一人では大変なことも、ペアーの方にヘルプをいただき、誰かに委ねながら動作します。

誰かと比べるのではなく、吐いてー、吸ってーと身体の声を聞くことを目的として。
大した動きはしてないのに、ペアワークをやる前と後では大違い。

最後は直美先生にユサユサ揺さぶられながらの、シャバーサナ?
みんなで共有する時間って幸せですね。

ヨガの後は、お待たせしました、ごはんの時間。一汗かいた後のごはんは美味しいです。

今回のメニューはこんな感じ。
麦ご飯
ぱんぱん春巻き(麺、えのき、ネギ、長ネギ入れてみた)
もやし、菜の花、ほうれん草のナムル
甘い野菜の味噌汁
里芋にちょっとのジャガ芋をいれた梅風味のサラダ?
ピクルス
風呂吹き大根
大根葉のふりかけ
デザートは酒粕のケーキ

※メインに揚げ物あるときは、ほかのメニューは油を使用せずに作ります。

来月も旬の食材使っていきますよ~

今回も、ヨガから、ごはんから、たくさんの学びを頂きました。
Posted by YASUKO OJIMA
comment:0   trackback:0
[DIARY
ほぐし棒





Photo:yoga class yesterday

昨日のヨガクラスの様子です。

11:00からのスタートですが、朝だとまだまだ体が硬い。(午後でも硬いかも?^^;)

まずは身体をたっぷりほぐしていきます。

お尻や腰回り、方首回り…
普段コリコリっと、なりそうなところ。ゆっくりと身体を動かしながら…

大丈ほぐれてきたら、今度は棒を使います。
ほぐし棒!

この棒が想像以上に気持ち良いんです!
初めて出会った日から、コレ欲しい!と訴えるほど、すごい効果。

コリコリと棒でほぐしているだけなのに、体温が上昇していくのが分かります。

ちなみにこの棒はホームセンターなどに売ってます。
先日、実家滞在中にホームセンターへ行ったので、一本購入したところ、母も気に入ってしまい、プレゼントしてきました。

という程、みんなから大人気の棒なのです。

昨日のヨガテーマは呼吸でしたが、こうした準備体操を行ってから、ヨガ本番に入るのでした。

続く。





Posted by YASUKO OJIMA
comment:0   trackback:0
[DIARY
お蔵フェスタへ






2年ぶりにお蔵フェスタに行って参りました!

前回の訪問時は、どんより薄曇りでとーっても寒かったのですが、昨日のお蔵フェスタは雲一つない晴天。

桜も期待していましたが、やはり都内よりは涼しいようで、お花はまだ三分咲き。

このフェスタの楽しみの一つはマイカップ持参しての一杯100円の濁酒…だったのですが、昨年からシステムが変わったようです。

とはいえ、ヨーグルトのように濃厚な濁酒を美味しくいただいてきましたよ。
それに、都内では考えられないようなお野菜の値段。人参、里芋、さつまいも…大きな袋に入って、一袋100円!
しかも無農薬なのですから。

ありがたい限りです。

帰りには香取神宮へお参りに。
シックで和と中華が混ざったような本殿。
今度はもっと早い時間に訪れてみようと思いま~す。
Posted by YASUKO OJIMA
comment:0   trackback:0
[DIARY
| HOME | next